活用事例別・上手なSMS送信サービスの選び方

現在、国内には各社が提供する数多くのSMS送信サービスが存在しています。それぞれ細かな機能や特徴は異なりますが、「国内主要キャリアの携帯電話にメッセージの一斉送信ができる」という基本的な部分は変わりがありません。そのため、どのサービスを利用すべきか選定に迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。 そんな時には、自社での利用イメージを明確にしてから選ぶことで失敗が少なくなります。SMSは認証・一斉送信・IVR連携など様々な使い方がありますが、「SMSを何のために・どのように使いたいのか?」を突き詰めることで、必要な機能もおのずと見えてきます。 ここではSMSの利用イメージをより膨らませるために、3つの「SMS活用パターン」と「SMSを活用している主な業界」をセットでご紹介します。

Chapter
顧客への個別連絡、ドタキャン防止にSMSを活用!
SMSでのお知らせ送付で、店舗への集客数・リピート率アップ!
迅速・確実な連絡手段としてSMSを活用!IVR連携で効率化も可能

顧客への個別連絡、ドタキャン防止にSMSを活用!

顧客への個別連絡、ドタキャン防止にSMSを活用! まずは、顧客への重要事項の通達やリマインドのためにSMSを活用する事例をご紹介します。

Eメールの変更や電話着信拒否など、顧客と連絡が取れなくなると困るような重要メッセージを通知したい場合、到達率が高く変更も少ない携帯電話番号で送信可能なSMSは最適なツールとなります。さらに、突然のドタキャンを防ぐためのリマインダーとしても有効に利用することが可能です。 上記の用途の場合、SMSを送信する相手は膨大になることが多いでしょう。そのため、多数の顧客に対しても自動的にメッセージを送信することができるSMS送信サービスを利用することで、業務の効率化にも役立てることができます。

この記事もおすすめ

以下の記事で、「人材派遣サービス業界」「不動産業界」「回線/ISP事業者」での活用事例をさらに詳しくご紹介しています。

SMSでのお知らせ送付で、店舗への集客数・リピート率アップ!

SMSでのお知らせ送付で、店舗への集客数・リピート率アップ! 続いて、顧客の来店やイベント参加などを促すためにSMSを活用する事例についてご紹介します。

地域顧客と密着する実店舗の場合、オンラインではメールマガジン、オフラインではチラシやポスターなどによる宣伝や告知が広く行われてきました。しかし近年の情報化社会の中で人々が接する情報量は膨大となり、かつての「大量生産型」の告知では顧客の目に止まらなくなりつつあるのが現状です。 そのため、多くの顧客に対してより確実に情報を送信でき、到達率も高いSMSが代替ツールとして脚光を浴びています。特に実店舗では、SMS送信サービスを活用した自動送信機能によって手間を省きつつ、顧客一人一人に合った内容の告知をタイミングよく行うことができるため、リピート率向上にも役立っています。

この記事もおすすめ

以下の記事で、「車検整備・車販売店」「保険代理店」での活用事例をさらに詳しくご紹介しています。

迅速・確実な連絡手段としてSMSを活用!IVR連携で効率化も可能

迅速・確実な連絡手段としてSMSを活用!IVR連携で効率化も可能.png 最後に、金銭等に関わる重要な事項を取り扱う連絡のためにSMSを活用する事例をご紹介します。

顧客の財産や個人情報などの重要な事項を取り扱う業界では、顧客と迅速かつ確実に連絡を取りあえることが最重要です。しかし、日中は電話にすぐ出られない人が多く、代わりにEメールを用いて通知を行っても、きちんと到達したか確実性がないのが長年の課題でした。そのため、到達率が高く送信結果がすぐに把握できるSMSを活用する企業が増えています。 さらに、顧客からの電話問い合わせに対応するコールセンター業務においても、IVR(自動音声応答)と連携したSMS送信サービスの導入が増えつつあります。IVRを連携することで、溢れ呼・待ち呼による顧客の不満を解消するだけでなく、コールセンター業務の効率化・コスト軽減にも繋がっています。

この記事もおすすめ

以下の記事で、「金融会社(クレジット/信販系)」「保険会社」での活用事例をさらに詳しくご紹介しています。

SMS送信サービスを選ぶ際、何を重視したらよいか分からずに悩んだら、まずは同業他社の悩みや解決方法・改善事例を参考にしましょう。どの業界でどのようにSMSが使われているかを知ることで、自社の課題やゴールと照らし合わせやすくなります。 たかが他社の一例と侮らず、適したサービスを見つけるヒントとしてうまく活用できると良いですね。


クリップボードにコピーしました。

コールするだけでビジネスがライフスタイルが変わる「Media SMS」SMS送信に関するお問い合わせはこちらから