SMSを督促・請求案内に活用して回収率アップ

SMSとは、電話番号のみでメッセージのやりとりができる機能のことです。送れるのは短いメッセージのみなのでメールより利便性は劣りますが、うまく使えばお客様とスムーズにコミュニケーションできます。特に督促や催促、あるいは請求を案内したいときにも利用されているサービスです。今回の記事では、そんなSMSのビジネスシーンでの活用方法について、事例を交えながら解説します。

Chapter
SMS配信での督促・請求案内が効果的な理由
SMSなら配信単価も低く業務効率もアップできる
督促業務でのSMS導入メリット

SMS配信での督促・請求案内が効果的な理由

SMSの一番の特徴は、「電話番号さえ知っていればメッセージが送れる」という点です。メールアドレスの場合、迷惑メール対策などで定期的に変更する人も多いため、実際に連絡するときには使われなくなっているということも珍しくありません。

また、人によっては登録のないアドレスからのメールは迷惑メールフォルダに振り分ける設定をしている場合もあり、届いていても開いてもらえないことがあります。一方でSMSの場合は、標準仕様でメッセージが届いたときに通知されます。そのため開封率が高く、相手に確認してもらいやすいのも特徴です。

加えて、SMSを利用する際には専用のアプリなどが必要ない点も大きなメリット。SNSなどコミュニケーションツールは数多くありますが、その多くはアプリを介さなければならず、相手にアプリをダウンロードしてもらう必要があります。そのためアプリをダウンロードできないガラケーなどでは利用できません。

一方でSMSならガラケーにも送信できるため、携帯電話を所有しているほとんどの人へメッセージを届けられます。どうしても開いてほしいメッセージ、例えば料金の支払いに関するお知らせなどを送るときには、ぴったりのツールといえるでしょう。

SMSなら配信単価も低く業務効率もアップできる

配信単価が低いのもSMSの魅力といえます。キャリアによって変わりますが、SMSの送信料は1~70文字なら3円ほどが一般的です。専用サービスを利用してSMSを一斉送信する場合でも、1通あたりの単価は16円以下とかなり廉価といえます。

一方、電話の場合は30秒あたり20円ほどに設定されていることが多く、手短に済ませたとしてもSMSよりも料金がかかることが一般的です。他の通信ツールにしても、例えば郵送はがきなら1通あたり63円ですので、SMSに比べどうしてもコストがかかります。

また、メールの方が多くの情報を記載でき、送信コストも抑えられますが、そもそも読んでもらえないと意味がありません。2019年12月に実施した「コミュニケーションツールに関するアンケート」(※)では、メールの未読数はSMSの約3.3倍という結果になりました。開封率もSMSの方が高く、メールでは約4割の連絡が見られず消去されています。

SMSとメールの平均未読数 メールでは約4割の連絡が見ずに消されている

SMSは未読数が少ない上に内容を確認してもらいやすく、督促や請求などの必ず確認して欲しい連絡の際に有利なツールといえます。

また、時間的なコストを考えてもSMSは非常に魅力的なツールです。電話やハガキは1件ずつしか対応できないため、どうしても時間がかかります。特に電話では1回のコールで出てもらえないことも多く、1人のお客様と連絡をとるのに何時間も必要となることも。

それに対してSMSは、専用のサービスを使用することで一斉送信が可能です。パソコンから簡単に複数の送信先へメッセージが送信でき、作業時間をぎゅっと短縮できます。空いた時間を使って他の業務に取り組むなど効率アップが図れるため、督促や請求業務で役立つ上に非常にコストパフォーマンスの良いツールといえます。

※自社調べ(調査方法:インターネットアンケート、対象者:20代から60代以上までの男女492人)。

督促業務でのSMS導入メリット

  • ハガキや電話と比較して1回あたりの単価が安い
  • メールと比較するとSMSの方が開封率が高い
  • 時間と場所を選ばずに利用できるため、受信側も使いやすい
  • 一斉送信には専用サービスの利用が必要だが、初期費用0円から始められるため手軽

このように、SMSは非常に便利でコストパフォーマンスの高いコミュニケーションツールです。開封率が高いため、督促や請求案内など確認して欲しい内容を送る時に役立ちます。

一方的にメッセージを送るだけでなく、お客様からのメッセージを受け取ることもできるので、問い合わせ対応や業務連絡などの場面でも活用できます。電話と違って時間と場所を選ばず、また気軽にメッセージを送れるため受信側にとっても使いやすいところが特徴です。開封率が高い上に送信単価が安く、手軽に連絡できるSMSを利用することで、督促などの回収率アップも見込めます。

現在メディアSMSでは、最大2か月100通分のSMSが送信可能な無料トライアル受付中!まずはメディアSMSの強み・機能・活用事例をご覧ください。


導入企業3,000社突破!法人向けSMS送信サービスなら「メディアSMS」

​メディアSMSなら、
・660〜670文字の長文SMSが全キャリアに送れる
・安心の国内直接接続で、到達率99.9%(※)
・初期費用と月額利用料は0円〜で手軽に始められる

※受信拒否・圏外・電源オフを除く。4キャリア到達率当社検証試験の結果。

メディアSMSの詳しい特長についてはメディアSMSの強み・機能・活用事例をご覧ください。

詳しい資料請求は以下のフォームからお問い合わせください。

会社名必須
ご担当者名必須
電話番号必須
メールアドレス必須
お問い合わせ種別

どれを選択していただいても各内容についてご連絡いたします。最も興味のあるものを選択してください。

お問い合わせ詳細任意

お問い合わせ詳細のご記入はこちら

プライバシーポリシー」を必ずお読みになり、同意した上で次のページにお進みください。

東証JASDAQ上場ロゴ 名証二部上場ロゴ 株式会社ファブリカコミュニケーションズは東証JASDAQ・名証二部上場企業です。
(証券コード:4193)


クリップボードにコピーしました。

コールするだけでビジネスがライフスタイルが変わる「Media SMS」SMS送信に関するお問い合わせはこちらから