SMSの料金は?一斉送信する際の費用計算方法を解説

SMSはメールと似ていますが料金体系は全くの別物。SMSの利用は基本的に有料となります。また、SMSを携帯電話から送信するのではなく、パソコンから送信したり複数人宛てに一斉送信したい場合は、また別の計算式が必要となります。 一方でビジネスでSMSを利用する際、やはり多くの企業で重視されるポイントの一つが「費用」。できれば料金表を比較したいところですが、Webサイト上では明確に示されていないことがほとんどです。これは、SMSを利用する規模感(月間送信数など)によって初期費用や月額費用が大きく変わり、一概にいくらだと明示しにくい形になっていることが一因となっています。 予算との兼ね合いや検討の中で概算費用がすぐに必要になった場合のために、SMS送信サービスの基本的な費用の考え方や、他サービスと比べたときの費用感など、SMSにかかるお金の疑問をこの記事で簡単に解説していきます。

Chapter
携帯電話からSMSの送受信をする際にかかる料金
送信単価や月間送信数から、概算費用を簡単に計算しよう
比較のポイントになるのは、接続方法と利用頻度
SMSとメルマガ・LINE@の費用を比較!どちらがお得?

携帯電話からSMSの送受信をする際にかかる料金

そもそもSMSって何?

SMS(ショートメッセージサービス)とは、電話番号を使ってメッセージを送信できる連絡手段です。基本的に携帯電話を利用してやり取りを行いますが、スマートフォンでなくても利用できます。特別なアプリなどをインストールする必要はなく、ガラケーやらくらくホンなどでも送受信が可能です。ただしSMSはメールと違って画像を送信することはできません。また、送信できる文字数も基本的には670文字までと決まっています。

個人の携帯電話からSMSを利用する際の費用

SMSは送信時に料金が発生し、受信するだけであれば無料です。送信にかかる値段は、70文字ごとに3円(税別)となっています。そのため、最大文字数である670文字まで入力して送信したい場合は10通分とカウントされ、30円(税別)の料金が発生します。キャリアによっては家族割などが適用されて、同一キャリア間でのSMS送受信が無料となるケースも。お得にSMSを利用したい場合は、契約内容をチェックしておきましょう。 また、SMSを利用するためのアプリは標準搭載されているため、アプリ自体の利用料は無料です。

ビジネスでSMSを活用する場合の料金

SMSの一斉送信やパソコンからSMSを送信したい場合は別途「SMS送信サービス」の利用が必要。携帯電話間で利用するSMSは1日200通までしか送信できず、一斉送信も行えません。一方でSMS送信サービスであれば、一斉送信やパソコンからのSMS送信はもちろん、よく使うメッセージをテンプレートとして保存したり配信日時の予約ができたりなど、ビジネスで活用する際に役立つ機能も備えています。督促などの重要連絡や予約のリマインド、キャンペーンの案内などでもSMSは利用されています。ただしSMS送信サービスは通常のSMSと違う料金体系でありながら、料金表などは公開されていないことがほとんどです。一般的なSMS送信サービスの料金体系と、概算費用の計算方法について次の段落で解説します。

送信単価や月間送信数から、概算費用を簡単に計算しよう

SMS送信サービスの多くは、料金体系の中に「初期費用」と「月額費用(月額利用料)」の2つが組み込まれています。しかし、Webサイトで紹介されているのは「1通当たりの送信単価」のみ、もしくは料金自体が個別で応相談というサービスも多く、すぐに概算費用を知りたい場合は気が引けてしまうこともあるのではないでしょうか。 そんな時は、以下の情報が分かれば大体の費用を計算することができます。

SMS送信サービス利用にかかる料金

(1通当たりの送信単価)×(月間送信数)+(月額利用料)

1回に送信する文字数で料金が変わる場合も

見落としがちなのが、長文化サービスなどを利用すると送信数の計算が変わる可能性がある点です。 基本的に、送信単価は長文化する前の「全角70文字(半角140文字)」までを1通としてカウントするため、それ以上の文字数になると1通の送信でも費用は2通分以上かかることがあります。そのため、「大体何文字程度のメッセージを作成するか」も予め確認しておくのが良いでしょう。 また、サービスによっては「双方向送信機能」を提供している場合もあります。双方向送信とはSMSの送信だけでなく受信も行える機能で、利用する際には送信料だけではなく「受信料」も必要です。双方向送信を利用する場合の送受信単価は、送信機能のみを利用する場合と異なる場合もあるため問い合わせ時などに確認しておきましょう。

比較のポイントになるのは、接続方法と利用頻度

上記でご紹介した計算式を見ると、1通当たりの送信単価が安いほどお得なのでは?と思う方も多いかもしれません。しかし、基本的には各サービス間で料金の違いは少なく、送信単価が大きく異なるのは接続方式の違いによる場合がほとんどです。SMSの接続方式は主に「キャリア直接接続」と「国際網接続」の2つあり、キャリア直接接続の場合は各キャリアが定めた一定の送信料金がかかるため、あまり料金差が生まれません。多少の差ではありますが、定額の月額利用料がかかるが送信単価は安めのサービスか、月額利用料はかからず送信した分だけを請求する従量課金制を取っているサービスかによって単価が異なる場合があります。 一方で、国際網接続はキャリア直接接続に比べると送信単価が安いところがポイント。しかし国内の通信事業者によってフィルタリングがかかってしまう場合があり、到達率はキャリア直接接続よりも低いため、選択肢に入らないと考える企業が多い傾向にあります。

送信単価 メリット デメリット
キャリア直接接続 月額利用料制 従量課金制より安い場合もある 従量課金制よりも送信単価が安いケースもある 利用頻度が低い場合は、月額利用料制の方が高くなる可能性がある
従量課金制 15〜18円程度 送信した分だけ請求されるため、少ない送信数でもお得な場合がある 送信単価が高い場合がある
国際網接続 キャリア直接接続より安い 送信単価が安い 到達率がキャリア直接接続よりも低い

また、費用対効果を考えるうえで大切なのが「利用頻度」です。例えば、定額の月額利用料がかかるサービスを利用しているのに、実際には数か月に一度しかSMSを送信しないのであれば無駄が多くなってしまいます。単純に送信単価だけでサービスを選ぶのではなく、利用頻度についても予め想定したうえで検討するのがオススメです。

SMSとメルマガ・LINE@の費用を比較!どちらがお得?

では最後に、SMSとSMS以外のサービスと比較すると、費用の面ではどれがお得と言えるのでしょうか。ここではSMSの一斉送信に代替するものとして、メルマガ・LINE@を利用して情報を発信する場合を想定し、それぞれの料金を比べてみました。

メルマガの料金

選ぶ配信サービスによりますが、メールマガジンの1通当たりの送信単価は1円未満に収まることが多く、初期費用もSMSに比べて安価であることが多いところが特徴。中には無料で利用できるメルマガ配信サービスも存在するため、気軽に利用できるのがメリットです。 デメリットとしては、到達率があまり高くなく送信結果も分からない点や、迷惑メールに振り分けられてしまう可能性がある点などが挙げられます。

LINE@の料金

LINE@は無料で利用できるフリープランが用意されており、気軽に導入することができます。また課金形式は月額定額制で、利用しているプランごとに送信数の上限があります。プラン内での利用であればターゲット一人当たりの単価は最大でも5円程度となり、SMSよりも安価で済むといえるでしょう。 デメリットとしては、自社で作成したLINE@アカウントを友達登録をしてもらう必要があり、アカウント認知のために別のアプローチや施策が必要になる点が挙げられます。

このように、費用面では初期費用・月額費用ともにSMSよりも安価であることが多いようです。しかしその分、SMSと比べたときのデメリットもあり、利用目的や用途次第では合わない・機能がないということもあるので注意が必要です。 料金を優先して比較するのではなく、必要な機能や利用目的を明確にしたうえで選択肢を絞っていくのが賢明と言えます。

ここでご紹介した料金の計算方法は、あくまで概算費用を出すためのものであり、SMS送信サービスの機能や内容によっては計算が全く異なる場合もあります。また、送信数によってディスカウントが発生したり、個別での見積り作成が必要となる場合もあります。 料金に関してより詳しく知りたい場合は、やはり資料請求して確認するのが最も正確です。どのサービスでもWebで掲載していない詳細情報を資料にて案内しており、資料請求自体もメールのみで完結できることがほとんど。まずは気になるサービスをいくつか見つけて、問い合わせてみましょう。

現在メディアSMSでは、最大2か月100通分のSMSが送信可能な無料トライアル受付中!管理画面にある全ての機能をお試しいただけます。まずはメディアSMSの強み・機能・活用事例をご覧ください。


クリップボードにコピーしました。

メディアSMSに関するお問い合わせ・資料請求はこちらから

メディアSMS及び各種サービスについてのお問い合わせはこちらより承っております。
なお、お送りいただいた情報は「プライバシーポリシー」に基づき適切に管理いたします。

会社名必須
ご担当者名必須
電話番号必須
メールアドレス必須
お問い合わせ種別

どれを選択していただいても各内容についてご連絡いたします。最も興味のあるものを選択してください。

お問い合わせ詳細

プライバシーポリシー」を必ずお読みになり、同意した上で次のページにお進みください。