【端末別】SMSの送信方法と一斉送信のやり方について

SMS(ショート・メッセージ・サービス)は、電話番号のみでメッセージをやりとりできるサービスです。メールのように手軽に利用できる反面、送信可能な文字数に制限があるなどの側面もあります。ここでは、端末別のSMSの送信方法や、PCや固定電話でのSMSの送り方、SMSの一斉送信について解説します。

メディアSMSならPCからSMSの一斉送信が可能!まずは100通無料のトライアルで各機能を試してみましょう。
Chapter
SMSは電話番号で送ることができるメッセージ
SMSを送る前の注意点
【端末別】SMSの送信方法
PCからSMSを送信する場合
固定電話からSMSを送信する場合
SMSを一斉送信したい場合

SMSは電話番号で送ることができるメッセージ

前述した通り、SMSは電話番号を使って送ることができるメッセージです。相手の電話番号さえわかっていれば送信でき、専用アプリのインストールや設定は必要ありません。キャリアごとに名称が若干違っており、docomoでは「ショートメール 」、auでは「Cメール」と呼ばれています。

SMSはほとんどの携帯電話に標準機能として備わっているため、スマートフォンだけでなくフィーチャーフォン(ガラケー)でも利用可能。
総務省が公開している「平成30年版情報通信白書」によると、2017年時点でフィーチャーフォンの保有率は29.3%となっています。スマートフォンがかなり普及していますが、まだまだフィーチャーフォンの利用者は多いのが現状です。

*参考:総務省「平成30年版 情報通信白書」

SMSを送る前の注意点

画像や動画などは送れない

基本的に画像や動画、テキストファイルなどをSMSに添付することはできません。
そのため、SMSでやり取りしている相手へファイルを送信したい場合はGoogleドライブ↗などのサービスを活用する必要があります。まず相手に共有したいファイルを一旦インターネット上にアップロードし、そこへアクセスするための共有URLを発行。発行したURLをSMSに記載することで、相手がファイルを参照したりダウンロードができるようになります。

また、SMSと同じように相手の電話番号宛てにメッセージを送信できる「+メッセージ」であれば、前述したような手順を踏まずとも画像や動画などのデータを送信可能です。

文字数は原則670文字までしか送信できない

SMSはメールと違って文字数制限があります。docomo、au、SoftBankと行った大手キャリアと契約している場合、原則として全角670文字まで送信可能です。ただし格安SIMで契約している場合は提供会社によって異なります。
また、SMSには件名がありません。一部機種では件名を入れて送信すると自動的にキャリアメールへ変更される場合があるため注意が必要です。

SMSは送信時に3円(税抜)かかる

SMSの受信は無料ですが、送信時に3〜30円(税抜)かかります。送信料は文字数によって異なり、60〜70文字ごとに3円ずつ加算されていきます。そのため例えば、150文字のSMSを2通送信した場合は18円(税抜)必要です。

この記事もおすすめ

SMSの料金や文字数についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

【端末別】SMSの送信方法

SMSの送信方法は端末ごとに異なります。基本的にスマートフォンの場合はプリインストールされている「メッセージ」というアプリを利用し、フィーチャーフォンの場合はいつも使用している「メール」機能から送受信が可能です。

iPhoneからSMSを送信する場合

  1. ホーム画面にある「メッセージ」アプリを開く。(インストールの必要はありません)
  2. メッセージの新規作成:メッセージ画面の右上にある、「四角と鉛筆のアイコン」をタップする。
  3. 送信先の入力:送信先の電話番号を入力するか、右の「+マーク」から連絡先を開き、送りたい連絡先を選択する。
  4. メッセージを入力する。
  5. 送信する:メッセージ右側の「矢印のアイコン」を押す。
*参考:Apple公式サイト|iPhone、iPad、iPod touch でメッセージ App を使う

AndroidからSMSを送信する場合

  1. ホーム画面、またはアプリ一覧画面にある「メッセージ」アプリを開く。(インストールの必要はありません)
  2. メッセージの新規作成:メッセージ画面の右下にある、「鉛筆のアイコン」または「+」をタップする。
  3. 送信先の入力:送信したい相手の電話番号を入力するか、右上の「人のアイコン」から電話帳を開き、送りたい相手を選択する。
  4. メッセージを入力する。
  5. 送信する:メッセージ右側の「紙飛行機のアイコン」を押す。
*参考:Messages公式ヘルプ|メッセージ アプリでテキスト メッセージを送受信する

フューチャーフォン(ガラケー)からSMSを送信する場合

  1. メニューからメールを選択する。
  2. メッセージの新規作成:メールからメール作成を選択する。
  3. 送信先の入力:送信したい相手の電話番号を入力するか、電話帳から送りたい相手を選択する。
  4. メッセージを入力する。
  5. 送信する:送信ボタンを押す。
※機種によって名称が異なる場合があります。詳しくは各キャリアにお問い合わせください。

PCからSMSを送信する場合

iPhone Android
Mac
Windows ×

SMSを送信するには送信元となる電話番号が必要です。そのため、PCからSMSを送信する場合は、iPhoneやAndroidと連携することで送信できるようになります。ただし、所有している端末がiPhoneの場合はMacのみと連携可能です。

iPhoneとPC(Macのみ)を連携させる場合

  1. Macのメッセージ機能に、iPhoneで利用しているApple IDでサインインする。
  2. メッセージの新規作成:メッセージ画面の右上にある、「四角と鉛筆のアイコン」をタップする。
  3. 送信先の入力:送信先の電話番号を入力するか、右の「+マーク」から連絡先を開き、送りたい連絡先を選択する。
  4. メッセージを入力する。
  5. 送信する:「return」ボタンを押す。

AndroidとPCを連携させる場合

  1. PCのWEBブラウザ(Chrome、IEなど)でPC 版メッセージを開きます。
  2. Androidで 「QR コードをスキャン」 をタップし、PCのWEBページに表示されている QR コードを読み取る。
  3. メッセージの新規作成:「新しい会話」をクリックする。
  4. 送信先の入力:送信先の電話番号を入力するか、連絡先を開き、送りたい連絡先を選択する。
  5. メッセージを入力する。
  6. 送信する:メッセージ右側の「紙飛行機のアイコン」をクリックする。

法人利用でPCからSMSを利用する方法については、「SMSをPCから送信することはできる?【法人向け】」でも解説しています。

固定電話からSMSを送信する場合

実は、固定電話から携帯電話にSMSを送信する方法があります。しかし、送信先の携帯電話のキャリアがdocomoである必要があります。

  1. プッシュ信号を送出できる電話機でNTTドコモのSMSセンター(090-310-1655)にダイヤルする。
  2. ガイダンスの指示に従い送信先のスマートフォンの電話番号を入力する。
  3. 定型文の送出開始を意味する「*」「4」「*」「4」を入力する。
  4. 定型文番号を入力する。
  5. 最後に「#」「#」を入力する。

なお、一部の電話機ではプッシュ信号を送出できないため、SMSを送信できないことがあります。固定電話からだと、auやSoftBankと契約している携帯電話にはSMSを送信できないため注意しましょう。
固定電話でSMSを利用する方法については、「固定電話でSMSを送受信する方法」でも解説しています。

SMSを一斉送信したい場合

基本的にSMSは個別送信しか行えません。そのためSMSを一斉送信するには、別途SMS一斉送信サービスが必要です。
SMS送信サービスは基本的にインターネット環境とブラウザのみで始められるため導入が簡単。ただ一斉送信するだけでなく、SMSを利用した本人認証(API利用)や音声ガイダンス(IVR)と連携したSMS配信も行えます。他にも双方向SMS機能を利用することで、特定のメッセージ・キーワードに対して自動応答することも可能です。

SMS送信サービスを利用するとできること

  • SMSの個別送信や一斉送信
  • 送信予約
  • 送信内容のテンプレート保存
  • URLのクリック計測
  • 本人確認や二要素認証
  • IVRとの連携
※メディアSMSの場合。サービスによって利用できる機能は異なります。

SMS送信サービスを選ぶ時の注意点

SMS送信サービスを選ぶ際は、キャリア直接接続であるかチェックしましょう。SMSにはキャリア直接接続と国際網接続という2種類の送信方式があります。まずキャリア直接接続では、国内の大手キャリアによって高い到達率が担保された経路を通じてサービスが提供されています。一方で国際網接続は、海外の配信事業会社を利用して国際回線網を経由して送信する方式です。国際網接続は送信単価が安く抑えられるのがメリットですが、国内の通信事業者によってフィルタリングがかかってしまう場合があるため、相手へSMSが届かないというリスクがあります。
キャリア直接接続を採用しているサービスであれば未達リスクが少なく、例えばメディアSMSでは到達率99.9%とほぼ確実に届けられるのが特徴です(※)。

※受信拒否・圏外・電源オフを除く。4キャリア到達率当社検証試験の結果。

現在メディアSMSでは、最大2か月100通分のSMSが送信可能な無料トライアル受付中!管理画面にある全ての機能をお試しいただけます。まずはメディアSMSの強み・機能・活用事例をご覧ください。

他にも、SMS一斉送信の際に気をつけることがあります。それは、SMS一斉送信は特定電子メール法(特電法)という法令に準拠する必要があるということです。特電法はメールで配信するメッセージについてのみ適応されるものと思われがちですが、SMS一斉送信も特電法の対象となるのです。

この記事もおすすめ

SMSを導入する際の注意点については、下記の記事でも詳しく解説しています。

SMS一斉送信サービスの利用を検討している場合は、正しいSMS一斉送信の知識を身につけた上で、サービスを選択することをおすすめします。


導入企業3,000社突破!法人向けSMS送信サービスなら「メディアSMS」

​メディアSMSなら、
・660〜670文字の長文SMSが全キャリアに送れる
・安心の国内直接接続で、到達率99.9%(※)
・初期費用と月額利用料は0円〜で手軽に始められる

※受信拒否・圏外・電源オフを除く。4キャリア到達率当社検証試験の結果。

メディアSMSの詳しい特長についてはメディアSMSの強み・機能・活用事例をご覧ください。

詳しい資料請求は以下のフォームからお問い合わせください。

会社名必須
ご担当者名必須
電話番号必須
メールアドレス必須
お問い合わせ種別

どれを選択していただいても各内容についてご連絡いたします。最も興味のあるものを選択してください。

お問い合わせ詳細任意

お問い合わせ詳細のご記入はこちら

プライバシーポリシー」を必ずお読みになり、同意した上で次のページにお進みください。

東証JASDAQ上場ロゴ 名証二部上場ロゴ 株式会社ファブリカコミュニケーションズは東証JASDAQ・名証二部上場企業です。
(証券コード:4193)


クリップボードにコピーしました。

コールするだけでビジネスがライフスタイルが変わる「Media SMS」SMS送信に関するお問い合わせはこちらから