SMSをPCから送信することはできる?【法人向け】

携帯電話番号を用いて全角70文字までのテキストメッセージが送受信できるSMSですが、最近は法人ビジネスにおいて非常に有用なツールだと注目を浴びています。 ビジネス利用する上で大量送信が必要となりますが、今回はPCからSMS送信を大量送信する方法について解説します。またサービス利用方法についてや、導入の手引きに関しても一緒に学んでいきましょう。

現在、メディアSMSでは無料トライアル受付中! 最大2か月100通分のSMS送信をお試しいただけます。
無料トライアルのお申し込みはこちらからお問い合わせください

Chapter
企業でSMSを利用するなら、SMS送信サービスの導入は必須
送信の際に利用するのはAPIと管理画面の2種類
導入前に、各社サービスの「トライアル」を試して比較
個人でPCからSMSを送信するなら、スマートフォンとの連携が必要

企業でSMSを利用するなら、SMS送信サービスの導入は必須

PCでSMS送信できる「法人向けSMS送信サービス」のメリット

電話番号を介しての送受信という性質上、そのイメージから「スマホを使用して1件ずつ送信している必要があるのでは?」と思っている方も意外と少なくありません。

SMSをスマホで送信する場合には、送り先の番号を電話帳から1つずつ呼び出してその都度文章を入力をする必要があります。また送信できるメッセージ数においても、スマホの場合は1日に200通までという制限があるため、200通以上送るには別の端末を併用しなければならないなど、事業利用での大量送信にはSMSは圧倒的に不利です。では、SMSを導入している企業ではこれらの課題をどのように解決しているのでしょうか?

実は、既存のSMSを一斉送信できる「SMS送信サービス」を導入・利用することにより、大量のSMSを素早く簡単に送信することが可能となります。サービスによってはcsvファイルを用いて一括自動配信を行ったり、IVRと連携したマーケティングも可能です。また送信するだけではなく、送信結果や短縮URLのクリック数をcsvファイルとして一括出力し、開封率を測定することも可能です。

単なるSMSの送受信を行えるスマホとは異なり、SMS送信サービスを利用することで、定期的な注文確認やキャンペーン案内・予約の前日確認など、主にBtoCのあらゆる場面でSMSを活用することが可能になるのです。

送信の際に利用するのはAPIと管理画面の2種類

SMS送信の際に利用するのはAPIと管理画面の2種類

SMS送信サービスはPCからの送信が可能で、SMSメッセージの内容の作成や送信の際には「API」もしくは「管理画面」のどちらかを利用するのが一般的です。他にも方法があるもののこの2つが代表的であり、用途や担当者の技術的知識によって選別するのが好ましいです。

APIとは「アプリケーションプログラミングインターフェイス」の略で、人間とコンピュータの間に立って情報の仲介の役割を果たすものを言います。SMS送信サービスにおいては、APIは送信元の電話番号や回線の管理、Webサービスとの連携などさまざまな業務を担います。 自社で開発・利用しているシステムと連携してSMS送信を行いたいなど、他のアプリやシステムに組み込んでシステマティックに管理および運用する場合は、プログラム同士で連携できるAPIを利用することで実現可能です。

管理画面を利用する場合も、基本的に利用できる内容はAPIと変わりませんが、本文テキストとは別に「URL」「住所」などの入力欄が用意されているなどAPIに比べてシンプルで感覚的に触れるものとなっています。また、難しい開発やプログラミングなどを行う必要もなく、Web上でログインしてすぐに利用可能なため、技術的知識に明るくなくても導入しやすいのが特徴です。

導入前に、各社サービスの「トライアル」を試して比較

複数社からリリースされているSMS送信サービスは、付随する基本機能もさることながら、料金体系や1通あたりに送信可能な文字数、オプション機能の性能差など千差万別です。初期費用や1通あたりの単価など費用面を事前に調べることはできても、実際に運用してみなければ自社に適した料金とプランを見抜くのは難しいでしょう。 また各社で異なる配信者情報の表示方法も大切で、仕様によっては開封率を左右する重要なポイントとなります。

実際の使用感を確かめるには、導入前に各社の送信サービスにおいてトライアルサービスを利用することをおすすめします。トライアルアカウントに登録すれば無料で電話番号が振り分けられ、実際のサービスで使用できるAPIや管理画面を使って試験的にSMS送信・管理を体験することが可能です。 多くのサービスで提供されているため、ぜひ利用して必要な機能が搭載されているか、操作しやすいかなどを導入前に十分検証しておきましょう。無料トライアル期間中に取得した電話番号は、有料版導入後に引き継いでそのまま使用することができることもあります。

現在メディアSMSでは、最大2か月100通分のSMSが送信可能な無料トライアル受付中!管理画面にある全ての機能をお試しいただけます。まずはメディアSMSの強み・機能・活用事例をご覧ください。

個人でPCからSMSを送信するなら、スマートフォンとの連携が必要

基本的にPCだけでSMSを送信したい場合は、上記で説明したSMS送信サービスを利用する必要があります。ただしスマートフォンと連携することで個人利用でもPCからの送信が可能です。利用するスマートフォンがiPhoneの場合は、連携できるPCがMacに限られるため注意しましょう。

iPhoneと連携してPCからSMSを送信する場合

  1. Macのメッセージ機能に、iPhoneで利用しているApple IDでサインインする
  2. メッセージ画面の右上にある、「四角と鉛筆のアイコン」をタップする
  3. 送信先の電話番号を入力するか、右の「+マーク」から連絡先を開き、送りたい連絡先を選択する
  4. メッセージを入力する
  5. 「return」ボタンを押す
*参考:Apple公式サイト|Mac でメッセージを使う

Androidと連携してPCからSMSを送信する場合

  1. PCのWEBブラウザでPC版「メッセージ」を開く
  2. Androidで 「QR コードをスキャン」 をタップし、PCのWEBページに表示されているQR コードを読み取る
  3. 「新しい会話」をクリックする
  4. 送信先の電話番号を入力するか連絡先を開き、送りたい連絡先を選択する
  5. メッセージを入力する
  6. メッセージ右側の「紙飛行機のアイコン」をクリックする
*参考:Messages公式ヘルプ|パソコンでメッセージを確認する

SMSは携帯電話番号宛に直接メッセージを送るという特性上、番号を変更されにくくEメールよりも開封率が高いなどビジネス的に有利なツールです。 SMS送信サービスを導入することにより、業務効率の向上および売上の改善に繋がります。メールを活用しているものの開封率が思わしくなかったり、本人認証方法を変えたいと考えている場合は導入を検討してみることをオススメします。

この記事もおすすめ

SMS送信サービスを比較する際に特に重視するべきポイントについて「SMS送信サービス選びで比較するべき3つのポイント」でさらに詳しくご紹介しています。


クリップボードにコピーしました。

メディアSMSに関するお問い合わせ・資料請求はこちらから

会社名必須
ご担当者名必須
電話番号必須
メールアドレス必須
お問い合わせ種別

どれを選択していただいても各内容についてご連絡いたします。最も興味のあるものを選択してください。

お問い合わせ詳細

プライバシーポリシー」を必ずお読みになり、同意した上で次のページにお進みください。