電話やメールで安否確認ができない時はどんな連絡手段を使えばいい?

大規模な災害が発生した時、被災者の生存や状況を確認するために行うのが安否確認です。安否確認の方法に電話やメールを選ぶ人もいるでしょう。しかし大規模な災害時には一斉に安否確認が行われるため、災害発生地域に通信が集中し、回線が混雑して電話がつながらなかったり、メールの送受信ができなかったりする可能性もあります。この記事では、電話やメールで安否確認ができない時に活用できる安否確認の手段や、安否確認に向いていない連絡方法について解説します。

Chapter
安否確認をするシチュエーション
安否確認にメールをオススメしない理由
安否確認に電話をオススメしない理由
一斉に安否確認を行いたいならSMSがおすすめ

安否確認をするシチュエーション

地震や台風などのように大規模な災害が発生すると、自分の身を守ると同時に家族や友人の安否を心配するのではないでしょうか。危険な現場を避け、安全な場所に移動した後にとるべき行動が安否確認です。大切な人の生存や現状を知るだけでなく、自身の生存を伝えることにもなります。また会社で一度に大勢の社員の安否を確認しなければいけない状況もありえるでしょう。社員に被災者がいない場合でも、取引先の安否確認をしなければいけない場合もあります。取引先が災害の被害に遭った場合、自社事業の今後の展開にも大きな影響があると考えられるからです。

家族や会社で事前に大規模な災害が発生した時の安否確認方法について話し合っておくと、突然災害の被害に遭った時に慌てずに済みます。何も決めていない状況で大規模な災害が発生した場合、安否確認の方法がわからず混乱してしまうでしょう。特に高齢者や子供は、突然大規模な災害が発生しても落ち着いて対処できない可能性が考えられます。実父母や義父母と離れて暮らしている家庭には、日頃から安否確認の練習を行っておくのがオススメです。安否確認は災害発生時の生存確認だけでなく、日常生活の見守りにも役立ちます。

安否確認にメールをオススメしない理由

多くの人が携帯電話を所有しているので、安否確認の方法としてメールを利用しようと考えている人が多いのではないでしょうか。しかし迷惑メール対策としてフィルタリングを設定していたり、メールアドレスの変更をした人にはメールが届かない場合があります。また、通信回線の問題によりメールの送受信ができない場合もあるでしょう。

メールを送信するためには、Wi-Fi環境もしくはデータ通信ができる環境が必要です。通常、携帯電話で送信されたメールはインターネット上にある複数のメールサーバーを経由し、送信相手のサーバーに到着しています。大規模な災害が発生した時には、多くの人が安否確認のためにメールを使用するため、メールサーバーで取り扱うメールデータの量が増加。処理能力の限界を超えたメールサーバーは、復旧するために莫大な時間を要します。そのため、大規模な災害発生時にはメールサーバーが処理能力の限界を超える可能性が高く、安否確認には向いていないのです。

実際に東日本大震災では、docomoのパケット通信が約30%規制されています(※)。一刻も早く相手の状況を確認したい安否確認には、送受信に時間がかかってしまうメールはオススメできません。

※総務省「東日本大震災における 情報通信の状況」より

安否確認に電話をオススメしない理由

災害が発生した時に、相手の声を確認できる電話で安否確認をしたいと考える人もいるでしょう。しかし前述したように地震や台風など大規模な災害が発生すると、被災地域への連絡が集中します。実際に東日本大震災では、被災地域付近の音声通話が通常の約50~60倍に増大してしまったのです(※)。

災害発生時に電話が繋がりにくくなってしまう大きな原因として、通信規制が考えられます。災害時には110や119など、救助や避難のために必要な電話を最優先で繋がりやすくしているのです。そのため安否確認のためにかける電話は優先順位が下がってしまい、通常時と比較すると繋がりにくくなってしまいます。

また通信規制のほか、災害による基地局の損壊も電話が繋がりにくくなる原因の1つです。地震や台風、洪水などによる強い力で携帯電話の基地局の建物自体が損壊してしまう可能性もあります。他にも、避難や救助に必死で、かかってきた電話に気づけない人もいるため、電話での安否確認はオススメできません。

※総務省「災害時には「災害用伝言サービス」やメールを御活用ください」より

一斉に安否確認を行いたいならSMSがおすすめ

2019年に国内の各地で豪雨被害が次々に発生した時、安否確認の方法として注目されたのがSMSです。SMSは国際標準規格のサービスであるため、機種を問わず国内で販売されているほとんどの携帯電話に備え付けられています。SMSが安否確認に適している大きな理由が、メッセージの到達率の高さです。SMSは電話番号宛てにメッセージを送信するため、ドメイン拒否やメールアドレスの変更などが行われていた場合でも安否確認の連絡を届けられます。

SMSは電話回線を利用して送受信されます。SMSは音声通話よりもデータが小さいため、あまり電話回線を圧迫しません。そのため、電話よりも災害に強い安否確認方法といえるでしょう。SMSでは携帯電話の「送達確認機能」をONにしてSMSを送信するだけで、送達通知機能を使用できます。この送達状況を確認すれば、相手が携帯電話の電波が届く環境にいるのか判断できるのです。ただし、一部機種では対応していないこともありますので、注意が必要です。

また、SMSは事業社の提供するサービスを利用することで一斉送信も可能。社員など、一度に大人数の安否確認をする必要のある場合に活用できます。一斉送信サービスは提供している事業社によってサービス提供内容が異なります。例えば、一斉送信サービスのひとつ「メディアSMS」なら、管理画面上からSMSの送信結果の結果が確認可能。そのほかに、長文送信可能か、管理画面の使い勝手の良さなど、一斉送信サービスを選ぶ際にはサービス内容も比較検討してみましょう。

現在メディアSMSでは、最大2か月100通分のSMSが送信可能な無料トライアル受付中!管理画面にある全ての機能をお試しいただけます。まずはメディアSMSの強み・機能・活用事例をご覧ください。


導入企業2,500社突破!法人向けSMS送信サービスなら「メディアSMS」

​メディアSMSなら、
・660〜670文字の長文SMSが全キャリアに送れる
・安心の国内直接接続で、到達率99.9%(※)
・初期費用と月額利用料は0円〜で手軽に始められる

※受信拒否・圏外・電源オフを除く。4キャリア到達率当社検証試験の結果。

メディアSMSの詳しい特長についてはメディアSMSの強み・機能・活用事例をご覧ください。

詳しい資料請求は以下のフォームからお問い合わせください。

会社名必須
ご担当者名必須
電話番号必須
メールアドレス必須
お問い合わせ種別

どれを選択していただいても各内容についてご連絡いたします。最も興味のあるものを選択してください。

お問い合わせ詳細任意

プライバシーポリシー」を必ずお読みになり、同意した上で次のページにお進みください。

東証JASDAQ上場ロゴ 名証二部上場ロゴ 株式会社ファブリカコミュニケーションズは東証JASDAQ・名証二部上場企業です。
(証券コード:4193)


クリップボードにコピーしました。

コールするだけでビジネスがライフスタイルが変わる「Media SMS」SMS送信に関するお問い合わせはこちらから