SMS送信サービスの料金相場は?値引き交渉は可能?見積もりのポイントまとめ

SMS送信サービスの利用を検討する際、気になるのはやはり料金です。一般的に公開されている情報だけでは料金体系がよくわからないことも多く、より詳細なサービスや料金に関する情報を見積もりなどで知りたいという人も少なくありません。
そこで今回は、SMS送信サービスの料金を知る際の見積もりのポイントを紹介します。

詳細を知りたい場合は資料請求がオススメ

詳細を知りたい場合は資料請求がオススメ

SMS送信サービスは様々なサービス業者が提供しており、業者によってプランや料金・オプションなどのサービス内容が異なっています。そのため、それぞれのサービス内容や料金を比較し、用途や目的に合ったものを選ぶことが重要なポイントです。
しかし比較検討するにあたって、Webサイト等で一般公開されている情報だけではサービス同士をきちんと比較できるほどのボリュームが無く、十分な検討ができないことも多くあります。

そこでオススメなのが資料請求です。いずれの業者も、請求すれば無料でパンフレットなどの資料を発送してくれます。資料の中にはSMS送信サービスに関する詳細な仕様や機能が記載されていることが多く、一般公開されている情報よりも具体的なプランや料金形態、さらにオプション・サービス内容なども紹介されています。また、複数業者の資料を比較検討することで、それぞれのサービスのメリットやデメリット・料金の相場なども把握することが可能です。

また、資料請求をしたら必ず申し込みをしなければいけないということはありません。心配する方も多いですが、あくまでSMS送信サービスの詳細を無料で知る手段として利用することも可能です。

料金に関する個別相談も可能

いずれの業者のSMS送信サービスにも、基本的なプラン料金が設定されています。ただその中身は、送信本数や利用規模・利用頻度、条件など業者によりまちまち。基本プランの説明にそれらの諸条件が記載されているので確認しましょう。
初期費用についても、無料のところもあれば有料のところもあり画一的ではありません。ただし、1送信当たりの料金相場としては15円から18円程度となっています。

この点も踏まえて、提示された料金が高いと感じたりもう少し調整してほしいと思った場合には、個別での見積り相談が可能なこともあります。特に、配信本数が多い場合のディスカウントの相談や、利用頻度の変動に応じた見積りなど、その都度相談や値引き交渉を行うことでお得に利用できるようになる可能性もあります。
もちろん、場合によっては値引き交渉や相談内容に応じてもらうことが難しいこともありますが、料金に対して不明な点や調整してほしい点はまず一度相談してみることが大切です。

失敗しない見積方法、値引き交渉は?

SMS送信サービスは利用頻度や契約期間により各業者が基本的な料金プランを用意しており、あとは利用者側の「要望する機能」により都度、対応の負荷も含め料金プランが提示されることが多いようです。これからSMS送信サービスを始めてみようと思っている人や利用を検討している人、どこの業者を利用すればいいのかよく分からないという人は、資料請求をした後、自社の利用イメージについて、少なくとも「月間送信数(見込み)」「利用期間(月単位/年単位)」「すでに自社にあるシステムと連携させるのか/SMSサービス単独での利用なのか」の3点を、気になる業者に提示し、自社にとってベストなプランを提案してもらうことをおススメします。もちろん、請求した資料の中に記載のあるプランで、自社に要望が満たされる場合は改めて業者にこれらを提示する手間をかけることなく、単なる料金比較のみで済ませることも可能です。

さらに、長期(数年)にわたる利用を考えていたり、「現在は少ない送信数だが、将来どこまで送信数が増えるかわからない」といった場合は、最低限の利用を担保する代わりに値引き交渉をしたり、送信通数によって段階的に単価が下がるような独自の料金プランを設定してもらうことも可能です。ただ、業者側にもメリットがないとこれらの値引き交渉は進まないことも多くあります。期間では1年以上、送信数も月間数十万通以上がないと、対応してもらうのは難しいかもしれません。

ここ数年で注目を集めているSMS送信サービスは、サービスを提供する業者によってかかる料金が大きく異なるという特徴があります。
そのため、まずは資料請求をして情報を集めながら、自分たちに合った料金プランがあるのかどうか、ない場合、最適なプランを提案してくれるかどうかなどのポイントを確認することが大切です。