無料で使える・もしくは試せるSMS送信サービスはあるのか?

SMSとは、ショートメッセージサービスのことで、携帯電話やPHS同士で短いテキストによるメッセージを送受信するサービスのことです。
こちらの記事では、このSMS送信システムを利用したいと考えている方に向けて、無料で使えるサービスや、もしくは無料トライアルのサービスはあるのかなどを解説していきます。

最低限、キャリアとの連携・通信に掛かる費用や環境整備費用が必要

最低限、キャリアとの連携・通信に掛かる費用や環境整備費用が必要

まずSMSの大きな特徴として、音声通話回線を用いてメッセージのやりとりを行うという点が挙げられます。インターネットを使ったメールや各携帯会社が提供している携帯キャリアメールとは大きく違いがあります。日本ではキャリアメールの方が早くから普及したために使用する機会も多く一般的ですが、世界ではSMSが標準的なメッセージングツールとして利用されています。近年では、日本でもセキュリティ対策のひとつとしてSMS認証なども用いられているため、目にする機会も増えました。

SMSは各会社による名称の違いがあり一見違って見えますが、名称の違い以外は基本的に同じシステムのため、相互にやりとりをすることが可能です。もともとは各キャリアがそれぞれ独自に開発したサービスであったため、相互のやりとりは出来ませんでした。

以前、SMSの完全無料化の可能性もありましたが、SMSを利用するためにはやはりキャリアとの連携や音声通話回線の契約が必須のため、完全無料化というのは厳しいようです。しかし期限や利用数の限られた範囲内での無料トライアルを行っているキャリアもあります。また条件付きでの格安サービスを提供する会社も存在します。

一部機能は無料で試せる場合がある

無料トライアルの例として、多くのサービス会社では、実際のSMS送信サービスの機能を試すことができる無料アカウント(トライアルアカウント)の提供を行っています。基本的にはお試し用となるため、トライアルアカウントは利用出来る通話やSMS送受信件数に制限があることが多く、「送信件数100通分まで無料」などの形で提供されています。またトライアルで利用できるのは、サービス側が用意した管理画面のアカウント・API利用のためのアカウントのどちらかを選ぶことが多いようです。

継続してサービスを利用するためには、アカウントをアップグレードして料金を追加する、またはキャリアとの本契約やSMS送受信の際の環境整備などの費用が必要になります。
SMSシステムを完全無料で利用することは厳しいですが、今後企業で積極的に利用していきたいと考えている方は、無料トライアルを利用して業者を探してみるのも良いかもしれません。

無料トライアルを賢く使おう

SMSサービスは、冒頭でも述べたとおり電話番号を使用したサービスです。メールアドレスと違い変更されることが少ないため、宛先不明による未達が少なく、企業でのビジネスツールとしての利用を考えている場合に適しています。
またSMS送信サービスを使えば、各キャリアが標準で設定しているフィルタリングサービスを通過することが保証されている場合が多いです。そのため、顧客によるブロックなどでSMSが届かないといった問題がほとんどありません。

そしてSMS送信サービスを利用した場合、顧客に直接電話を発信するよりコストが低いこともメリットとして挙げられます。顧客に一回で電話が繋がるとは限りません。その分通信コストが掛かるため、ほぼ確実に顧客に到達するSMS送信サービスの方がコストパフォーマンスが高いと言えます。ただ、SMS送信サービスでは文字数の制限があるため(70文字程度)、送信内容にも制限が出てくるという点は避けられません。
そのために各社が行っている無料トライアルなどのサービスを利用し、ビジネスツールのひとつとして取り入れていくことを検討してみるのも良いでしょう。

SMS送信サービスの中には、たった5分で試せるものもあります。
本格的にSMS送信サービスをビジネスツールとして取り入れていく場合は、利用する上での対応方法や注意点、今後の費用などについても考えていく必要がありますが、まずは無料トライアルでSMS送信サービスを試してみて、善し悪しの判断をすることもひとつの方法です。

「API」でSMS送信サービスを利用するメリット・注意点とは?