SMSとEメール(メルマガ)・LINEの違いとは?それぞれのメリットとデメリット

スマートフォンが普及している現代、ネット広告もPCよりスマートフォンで見るようになっています。そのような中、消費者に対して広告を配信する方法としてSMS送信やEメール(メルマガ)・LINEなどがよく使われているようです。
今回は、SMSとEメール・LINEを比較し、それぞれのメリットとデメリットを解説します!

SMS、Eメール・LINEはそれぞれどんな仕組みで送信されている?

SMS、Eメール・LINEはそれぞれどんな仕組みで送信されている?

SMSは、ショートメッセージサービスを略したものです。携帯電話同士でメッセージのやり取りをすることができるサービスであり、メッセージをやり取りできるという点ではEメール・LINEも同じようなことができると言えます。

では、違いはどこにあるのかというとその送信する際の経路です。
SMSでは、電話番号をアドレスとして利用します。つまり電話回線上で通信をします。それに対してEメール・LINEはインターネットを利用してメッセージのやり取りを行います。Eメール・LINEは利用者同士が直接やり取りをしているように見えますが、実際はメールサーバー、LINEの場合はLINEのサーバーにメッセージが送られ、サーバーから送信先にメッセージが届く仕組みとなっているのです。
結果として、SMSは携帯電話の番号が送信先になるのに対し、Eメール・LINEの場合は、送信先はEメールならメールアドレス、LINEの場合は、LINEのIDが送信先となります。

しかし、中小企業や小規模店舗などでは、システム管理や宣伝に専任の担当者を置くことは難しい事がほとんどです。そのため、SMS送信サービスに興味があってもなかなか導入に踏み切れないという企業が多いのが現状です。

SMS、Eメール・LINEはそれぞれどんな場面で強みが出る?

SMSの強み

SMSのメリットとしてまず挙げられるのが、送信先である電話番号が変更される可能性が低いということです。メールアドレスのように簡単に変更できないため、顧客情報として手に入れた電話番号に対して高い確率で広告を届けることができます。電話番号さえあればメッセージを届けることができるのもSMSの強みと言えます。
また通信コストが安いので、そこまでお金をかけることができないというときにもSMSは有効と言えます。

Eメール・LINEの強み

Eメール・LINEのメリットとしては、利用者が多いということが挙げられます。Eメールアドレスはほとんどの人が持っていますし、LINEは近年の連絡手段のスタンダードと言えるほど利用者数が増えているサービスです。SMSやEメールに比べるとLINEは新しく誕生したサービスですが、若い世代の中にはLINE以外でメッセージのやり取りを行わないという人も多いです。
なので、若い世代への広告を打ちたいという場面ではLINEは有効な広告手段になると言えます。また写真や絵、動画を使って印象的な広告を作ることができるのもLINEの強みと言えます。

SMS、Eメール・LINEがそれぞれ苦手にしていることとは?

SMSの弱み

SMSは、顧客に確実に素早くメッセージを届けることができる一方、印象的な広告を打ち出すのが難しいというデメリットがあります。SMSは、URLなどを貼り付けることはできますが基本的には文字のみです。したがって、それを見ただけでは商品やサービス等の良さを伝えることは難しいと言えるでしょう。
ただ、SMSは顧客への到達率が高いため、とりあえず見るという人も多いです。魅力的なホームページを作成し、そのリンクを開いてもらえるようなメッセージを考えることでこの弱みは解消することができます。

Eメール・LINEの弱み

Eメールではアドレスを変更されると、LINEでは顧客からブロックされてしまうと、メッセージを届けることができない点がデメリットです。また利用者数が多く、自分からだけでなく他の多くの人からもメッセージを受け取るので広告が目立たないことも挙げられます。
さらにLINEはスマートフォンでの通知をオフにしている人も多いので、画面に表示される可能性もやや低いです。また、スマートフォンを利用していない人が多い高齢世代に対しては、LINEで広告を届けるのは現実的でないと言えるでしょう。

SMS、Eメール(メルマガ)・LINEにはメッセージの届く確率や速さ、コスト、利用者数の数、広告手段としての機能などに違いがあります。それぞれのメリット・デメリットを理解したうえで、どれが自分のお店や会社に向いているのかということを考えてみましょう。
どれにすればいいかと迷う方は、コストが安く比較的始めやすいSMSを検討してみるのもオススメです。