「API」でSMS送信サービスを利用するメリット・注意点とは?

SMS送信サービスを検討している際、「APIを用意しました」「APIが進化しています」というような言葉を聞いたことはありませんか?「API」がどのようなものか詳しく知らないという方は多いですが、SMS送信サービスを比較検討するならば、ITに関わっている人でなくとも「API」に関する知識を持っておいて損はありません。
ここでは、APIについての説明や、APIでSMS送信サービスを利用するメリット・注意点などについて詳しく解説します。

自社サービスからSMSを送信できるAPIとは

自社サービスからSMSを送信できるAPIとは

APIというのは「Application Programming Interface(アプリケーション・プログラミング・インターフェイス)」という言葉の頭文字をとった略称です。インターフェイスとは、何かと何かを結ぶためのものです。ですからパソコンに使用するマウスなども、人間とコンピュータの間にたってプログラムで情報伝達の役割を果たすインターフェイスです。ここに、アプリケーションプログラミングという言葉がつくと、「様々なアプリケーションとを結び、容易に利用できるようにするための入り口のようなもの」を意味することになります。
これだけでは少し分かりにくいかもしれませんね。簡単に言うとAPIというのは、自社や他社のソフトウェアを一部公開して、共有することを言います。通常、APIはWEB上でやり取りして利用します。

つまり、APIでSMSサービスを使うということは、普通は、そのサービスが用意した管理画面からしか送信できないSMSを、自社システムで送信することも可能にする(管理画面とAPIの排他利用の場合もあります)ということです。メッセージと共に、携帯番号や携帯キャリアなどのリストをAPIを通してSMSサーバに渡して送信要求することで、SMSが送信されます。

サービスによって、使えるAPIのサービス内容が異なる

現在、法人向けのSMS送信サービスではAPIを提供しているものがほとんどです。しかし、APIを提供しているとは言っても、それぞれ利用できる機能がどの程度のものであるかはサービスにより異なります。そのため、APIを使って自社がやりたいことをできるかどうか見極めることが大切です。

例えば会員登録の際なら、全ての顧客に同じ文章(リンクも含めて)が送信できれば良いのか、それともSMS認証番号のような個別送信が必要なのか、などの「やりたいこと」を事前に確認してからサービスを選びましょう。サービスによっては、APIが用意されていないこともあるためです。

さらに、受信する携帯によって、制限文字数や機種依存文字が異なることもあります。また当然のことながら、サービス提供会社や利用する機能毎にサービス料金にも差があります。これら全ての点について、よく比較検討することは必須です。

メディアSMSのAPIは「キャリア自動判別」など機能が多彩

SMS送信サービスの1つに、株式会社メディア4uが提供するメディアSMSがあります。このサービスは、実際にSMSが送達した分にしかサービス料金を課金しないという低価格が売りです。しかしそれ以外にも多彩な機能を有しています。例えば、双方向送信機能によって送信だけでなくSMSの受信もできたり、各キャリアが設定している文字数よりも最大で9倍以上長いメッセージを送ることもできます。さらに、キャリアを自動判別することも可能で、携帯キャリア大手の3社に関しては高い到達率を誇ります。

また、個別配信だけではなく、大量に一斉配信する機能もあります。これによって、個別に支払い督促や購入情報を送る以外にも、顧客に対して一斉にキャンペーン情報やクーポン券を送信するなど、サービスの利用方法が広がります。
オプションになりますが、顧客が電話番号を変更した際に、以前の番号にメッセージを届けてしまわないようにする便利な機能もあります。自社の顧客が使用していない可能性がある電話番号を除外することで、誤送信を防いでいます。

上記でご紹介したのはメディアSMSのサービスでしたが、他のサービス会社各社とも、それぞれ機能内容に特色があります。自社の希望に合ったサービスを選べるよう、まずはそれぞれの強みや特長を確認してみましょう。

APIでSMS送信できるサービスを提供している会社は、現在多数あります。それぞれ、サービス料金だけではなく機能内容、送信規模、送信文字数や到達率などは異なります。
SMS送信サービスを使って自社が何をしたいのかを、まずは明確にしましょう。その上で、目的に合致したサービスを提供している会社を選ぶようにすると失敗がありません。