SMSで車検・オイル交換などの定期整備をお知らせ【車検・車販編】

SMS送信サービスを使うと、車販売店などにはどんなメリットがあるのでしょうか?
顧客に対し容易に予約確認や車検/整備の案内ができれば、業務効率の改善が期待できます。また、顧客から見たときも予約が簡単になり、顧客の負担感が減り満足度は上がるはずです。
このように、業務を効率化し顧客には喜んでもらうための、SMS送信サービスの上手な活用方法をご紹介します。

こんなことにお困りではありませんか?頭の痛い「ドタキャン」や連絡不通

こんなことにお困りではありませんか?頭の痛い「ドタキャン」や連絡不通

車検整備工場や車販売店で、車検やオイル交換などの整備は大切な収益源です。車検・整備のタイミングが近づいて来た顧客に、定期的に電話やはがきで連絡して予約をしてもらい、そのための従業員のシフトを組んで準備万端。となっていたはずが、予約していた顧客のドタキャンがあればすべてご破算、売り上げは立ちません。都合が悪くなったなら一言連絡をくれれば…と頭の痛い問題です。残念ですが、よくあることです。

売り上げを維持するためには、各顧客の整備のタイミングを把握してこまめな販促活動を行うことが欠かせません。しかし、お知らせをしたくてもメールアドレスや住所の変更で、連絡が取れなくなる…こちらもよくあることです。特に中小規模の店舗では、ひとりの社員が様々な業務・役割を兼任していることが一般的で、販促・宣伝のみを専任で行う担当者はいないため、定期的に顧客情報のメンテナンスを行う労力を割くことは難しいのが実情です。

なるべく効率的に販促活動を行い、さらに前日や当日のドタキャンを可能な限り少なくしたい。その悩みは、企業向けの「SMS送信サービス」で解決できるかもしれません。

ドタキャンを防ぐ、リピート率を上げる!SMS送信サービスを使ってみよう!

車業界はリピート率が要です。特に定期的な売り上げが見込める車検は、ひとつたりとも逃したくありません。そのために重要になってくるのは、各顧客に対する丁寧なフォロー。しかしこれまでのやり方のまま個別にフォローを行おうとしても、到底時間も人手も足りません。

ではどうすれば良いのか。まず手を付けるべきはふたつ。ひとつは販促活動の効率化、もうひとつは予約受付業務の簡素化です。SMS送信サービスでは、比較的変更されにくい電話番号を使ってアプローチするため、顧客情報のメンテナンスが頻繁ではなくてもお知らせを高い確率で届けることができます。
さらに、送信日時を予約する機能が搭載されているので、手の空いた時間を使って事前に文章と送信先を登録、効率的に顧客へのお知らせを行うことが可能です。

また、SMS送信サービスを利用することで、予約受付業務も効率よく進められます。送信したSMSから顧客が直接、車検の申し込みや予約日時の変更を行うことができるので、店舗にかかってくる電話の本数が減ります。
顧客側にしてみても、営業時間や曜日を気にして電話をする必要がなくなり、自分の好きな時に予約や変更ができるようになります。SMSの利用で個別対応力を高めておくと、頭の痛い「ドタキャン」問題も、電話受付のみの場合に比べて減らすことができます。

車検・整備のお知らせにSMSを使う上で注意する点は?

SMSの利用は、企業と顧客の両方にメリットがあります。顧客側からしてみれば、自分の都合の良いときに、スマホで車検のお知らせを受け取って予約ができる店舗には、それだけで付加価値があります。スマホを使い慣れた若い世代に対して、「この店には高い個別対応能力がある」という印象を与えることができます。

しかし注意しなければいけない点は、全員に好印象を与える販促手段ではないということです。特に50代より上の世代では、メールやSMSひとつで連絡してくることを「そっけない対応」「冷たい態度」と捉える顧客も少なくありません。スマホを持っていない、操作が不得手・苦手意識があるということもあるでしょう。顧客一人ひとりにあわせた連絡ツールを選び、世代や好みに合わせた接客と販促を行うことが大切です。

また、便利だからと言ってSMSの使いすぎにも注意が必要です。反応が良いからといってセールやキャンペーンのお知らせなどに多く使いすぎると、顧客が「迷惑メール」と感じるようになってしまい、結果的に開封率を下げることになります。

車検・整備・車販売店を運営している方にとって、SMS送信サービスは力強い味方です。自社の業務の効率化が、顧客の満足度を上げることにもつながります。
パソコンやシステムの知識がなくて不安な場合は、まずは資料請求をしてみて、どんなサポートを受けられるか目を通してみるのがオススメです。

まずは自分の会社に向いている活用方法は何かを考えて、実際に資料請求をしてみたり、体験してみてはいかがでしょうか?