SMSでリマインド。顧客と確実に連絡を取る手段に【不動産会社編】

不動産関係の業務の効率化や、集客に繋がるような宣伝活動が出来るツールとして脚光を浴びているのがSMS送信サービスです。アポイントを取るときや入居者へのお知らせ、見学予定者への連絡と様々な場面で活躍します。頻繁に連絡が取れるようになり、顧客との距離も近くなることで、より強固な信頼関係を築くためにも役立ちます。
ここでは、不動産業界においてSMS送信サービスをうまく活用するコツについてご紹介します。

顧客への連絡=電話は無駄?

顧客への連絡=電話は無駄?

不動産会社の業務を進めていく中では、様々なトラブルに見舞われることがあります。予約客のドタキャンやアポイントメントが取れない、入居者へのお知らせが上手く伝わらない、見込み客を追いかけても不動産の契約まで結び付かない…など悩みが尽きないことも多いでしょう。そんな悩みを、SMS送信サービスで解決出来るかもしれません。

電話や電子メール、DMなど、顧客と連絡を取る手段はいくつもありますが、電話は相手が不在なら出られませんし、電子メールは開封されないと内容が伝わりません。またメールアドレスが変わってしまっていると、連絡することも出来なくなります。DMも住所が分からなかったり、住所が変わっていれば届きません。
ですが、SMS送信サービスなら携帯電話の番号さえ知っていればメッセージを届けることが出来ますし、電話番号を頻繁に変える顧客も少ないため連絡が繋がる可能性がより高くなります。

また、SMSでは迷惑メールが来る頻度も少ないので、他の方法よりも連絡が取りやすくなっています。連絡が取りやすくなれば、ドタキャンしてしまう顧客を減らしたり、入居者へのお知らせもスムーズに届けられます。アポイントも取りやすいので顧客の要望にも応えやすくなり、契約まで漕ぎ着けられるようになるのです。

こんな機能で悩みを解決!SMSの活用方法

来店や見学のドタキャンやアポイントが取れないなどの悩みは、SMS送信サービスの「個別送信機能」を使えば解決の糸口が見つかります。
個別送信機能とはSMS送信サービスの管理画面にスタッフがログインして、送信相手の顧客の電話番号と本文を入力してメッセージを送信するシステムです。予約の時間のお知らせやいつも使う文章などをテンプレートとして登録しておけば、いつでも呼び出すことが出来るのもメリットです。文章の中に資料や地図のURLを貼り付けたりすることで、顧客が来店や見学をしやすいように誘導します。

また、工事や点検など入居者の方へのお知らせで使えるのが「一斉送信機能」です。
個別送信機能と同じように、管理画面にログインすれば、登録している顧客に対して一斉にメッセージが送れるようになっています。送りたい相手を選び文章を入力するだけで一斉に届けられるので、より連絡漏れの心配も無くなります。
さらに時間指定機能を使って新しい物件情報の案内、イベント告知など全てのユーザーにほぼ同じタイミングで情報を提供できるのも強みです。

開封率を上げるための注意点

SMS送信サービスを使うときには、事前に相手から許可を貰うようにするのが基本です。突然不動産会社からメッセージが送られてくるとびっくりすることもありますし、迷惑に思う顧客も中には居ます。アンケートや契約書で携帯電話の番号を書いて貰ったときには、お知らせメールなどをしても良いのか、きちんと確認するようにしましょう。

メッセージの作り方としては、短い文章にまとめることも大切なポイントです。SMSはキャリアによって異なりますが、一通につき半角なら140文字、全角なら70文字までの文字制限があります。ですから出来るだけ短い文章で、必要なことを伝えられるように工夫することが重要です。会社名や担当者の名前、伝えたいメッセージや必要なURL、こちらへの連絡手段を簡潔にまとめて送信します。SMS送信だけでは文字数が足りないときには、Webサイトに誘導したり、他の手段で連絡をするとスマートです。

また簡単に送れるからといって、頻繁にメールを送るのは避けましょう。必要以上に送ってしまうと過剰なアピールになりますし、本当に伝えたいことが伝わりにくくなります。大切なお知らせも不要な情報だと思われたりする危険性もあるので、不用意に送るのは避けるようにするのが無難です。

顧客の携帯電話の番号を使ってメッセージを送るという簡単なサービスではありますが、使い方によっては様々なことに活用することが出来るのが魅力です。顧客のメールの開封率を上げたい、もっと顧客のための質の高いサービスを提供したいときには導入を考えるのも一つの手です。

まずは自分の会社に向いている活用方法は何かを考えて、実際に資料請求をしてみたり、体験してみてはいかがでしょうか?