グルメレビューサイトでの口コミを増やすには?【飲食業界編】

飲食店経営では集客のために様々な方法が用いられます。その中で口コミはとても有効な手段です。インターネットが身近になった昨今では、多くの人がグルメレビューサイトの口コミを確認しています。口コミの多さに店の人気が表れるといっても過言ではないでしょう。この記事では、飲食店経営においての口コミの効果と、どのようにすればグルメレビューサイトで口コミを増やせるかについて説明します。

Chapter
飲食店を選ぶ時に口コミは重視されています!
口コミはどうやって集めたらいい?
口コミのお願いをするならSMSがオススメ

飲食店を選ぶ時に口コミは重視されています!

飲食店を選ぶ際の情報源して、グルメレビューサイトの口コミの評価や表示順位を参考にする人はどの程度いるのでしょうか。株式会社テスティーが2018年11月に実施した「飲食店検索サービスに関する調査」によると、「飲食店を利用する際に重視するポイント」として「口コミ」と回答した人は全体の57.5%でした。

このように、利用者の意見でしかない口コミが、信用に値すると感じるのには次のような理由があります。インターネットを利用して飲食店を探す際には、多くの場合、希望する飲食店の情報をあまり知らない状態で検索が行われます。しかし、検索結果から見つかった情報が正しいと判断する方法は、利用者の側にはありません。そのため、利用者は判断の材料として他の人の感想を参照します。口コミの内容や得ている評価を判断材料にして安心できる店であると判断するのです。ただし、この情報は誰が書いても良いというわけではありません。あくまで利害関係のない第三者の言葉であることが重要です。このような人の心理を「ウィンザー効果」と呼びます。

「ウィンザー効果」が発揮されるには、店側と利害関係にない第三者の言葉で評価が語られることが必要です。グルメレビューサイトの口コミは利用者が書き込むため、飲食店側の利害関係者であることはほとんどないでしょう。また、情報の信ぴょう性は書かれた口コミの件数が増えるほどに高まります。それは多くの人が共通する意見をいうのならば、それは正しいのではないかと思う心理に影響されるからです。このような心理は「社会的証明の原理」と呼ばれています。

現在の情報化社会では、先述したような心理が大きく働いています。そのため、飲食店の経営では口コミの確保が重要となるのです。実際に、グルメレビューサイトの利用者は、より多くの口コミがある店を選択の候補として選ぶ傾向にあります。

口コミはどうやって集めたらいい?

口コミは飲食店を利用した方によって書かれるため、飲食店側にはコストが発生しません。そのため口コミが多くなるほど、広告費をかけずに新規顧客を獲得しやすくなります。加えて、口コミを書くでお店の感想を再認識してもらうことも可能です。ポジティブな印象だった場合は、その飲食店をまた利用してみようという気持ちにつながりやすくなります。その結果、リピーターの獲得に高い効果を発揮します。

では、口コミはどうすれば書いてもらえるのでしょうか。グルメレビューサイトに登録しているだけでは、なかなか口コミは増えません。まず、口コミを増やすためには、意見が反映される場があることを客に知ってもらわなければなりません。

テーブルで周知する

まず、テーブルに広告を設置すると良いでしょう。テーブルに広告を設置すれば、飲食中に口コミを書く場所を認知してもらえます。さらに、飲食中にも口コミの記入をしてもらえる可能性があるため、口コミ数も増えやすくなります。テーブルに広告を設置する場合には、FacebookやTwitter、公式ブログなどの情報も記載しましょう。

会計時に周知する

次に、会計時に周知する方法です。多くの場合、飲食店を利用した後に口コミが書き込まれます。そのため会計時にアピールすることで、効果的に口コミ数を増やすことが期待できます。会計後に口コミを記入しやすくなるように、「店舗の紹介カードを手渡す」「店名がわかるクーポンを配る」「レシートに二次元コードを記載しておく」などの方法がおすすめです。

連絡をとる

最後は、口コミの投稿を促す連絡を行う方法です。EメールやSMSを利用して、口コミの記載をお願いしましょう。口コミ募集と一緒にキャンペーンなども周知することで、再来店を促すこともできます。

また信頼度の高い口コミを集めたい場合は、評価だけではなくコメントを記入してもらうようすることが大切です。コメントも記載されている口コミは納得感や信頼感を与えやすくなります。

口コミのお願いをするならSMSがオススメ

昨今、販促や集客のための手段として、SMSが注目を集めています。SMS(ショートメッセージサービス)とは、携帯電話番号を使ってメッセージを送受信できるサービスです。SMSならメールアドレスを知らなくても情報を発信できます。

なぜ販促や集客で注目されているのかというと、SMSは一般的に到達率や開封率が高いと言われています。2019年12月に実施した「コミュニケーションツールに関するアンケート」では、SMSの平均未読数がメールの1/3以下、内容を確認せずに削除する割合は約13%という結果になりました。つまり、メールよりも開封される可能性が高いと考えられます。(※)

SMSとメールの平均未読数

メールでは約4割の連絡が見ずに消されている

※ 自社調べ(調査方法:インターネットアンケート、対象者:20代から60代以上までの男女492人)

また、SMSは口コミの募集だけではなく予約のリマインドにもおすすめです。予約時の電話番号を利用してSMSでリマインドすることで、無断キャンセルを減らす効果も期待できます。

現在メディアSMSでは、最大2か月100通分のSMSが送信可能な無料トライアル受付中!管理画面にある全ての機能をお試しいただけます。まずはメディアSMSの強み・機能・活用事例をご覧ください。


導入企業3,500社突破!法人向けSMS送信サービスなら「メディアSMS」

​メディアSMSなら、
・660〜670文字の長文SMSが全キャリアに送れる
・安心の国内直接接続で、到達率99.9%(※)
・初期費用と月額利用料は0円〜で手軽に始められる

※受信拒否・圏外・電源オフを除く。4キャリア到達率当社検証試験の結果。

メディアSMSの詳しい特長についてはメディアSMSの強み・機能・活用事例をご覧ください。

詳しい資料請求は以下のフォームからお問い合わせください。

会社名必須
ご担当者名必須
電話番号任意
メールアドレス必須
※フリーメールアドレス等は届かない可能性がありますのでご遠慮ください。
お問い合わせ種別

どれを選択していただいても各内容についてご連絡いたします。最も興味のあるものを選択してください。

お問い合わせ詳細任意

お問い合わせ詳細のご記入はこちら

プライバシーポリシー」を必ずお読みになり、同意した上で次のページにお進みください。

当サイトは株式会社ファブリカコミュニケーションズ(東証スタンダード上場 証券コード:4193)が運営しています。 東証スタンダード上場ロゴ


オーサー画像

SMSnavi編集部

株式会社ファブリカコミュニケーションズ SMSnavi編集部。SMS(ショートメッセージサービス)に関する記事を執筆しています。

執筆者について詳しく見る

株式会社ファブリカコミュニケーションズ SMSnavi編集部。SMS(ショートメッセージサービス)に関する記事を執筆しています。

執筆者について詳しく見る
クリップボードにコピーしました。

コールするだけでビジネスがライフスタイルが変わる「Media SMS」SMS送信に関するお問い合わせはこちらから